認定医療ソーシャルワーカーに興味がある方はコチラ≫

[Kei@社会福祉士]プロフィール・自己紹介

みなさんこんにちはKeiです。

このページでは、当ブログのコンセプトについて紹介していきたいと思います。

「どんな人が書いてるのかな?」と思った方へ、少しでもこのブログと私について知っていただけたらとても嬉しいです。

「ソーシャルワーク部」はこんなブログ!

Kei
Kei

このブログでは、以下のような悩みを解決したいMSWに向けて記事を書いています。

MSWとして明確な目的がない

MSWの知識・技術を身につけたい

自信を持って「ソーシャルワーク実践してます!」といえない

明確な目的(ゴール設定)をもってMSWとして働いている人は多くありません。

目的がないということは「全力で前だけ向いて走れ!」といわれているようなもので、モチベーションが続かない上にバーンアウトの要因になります。

Kei
Kei

そこで、このブログは以下のようなコンセプトで運営しています。

目的:ソーシャルワークを実践に落とし込む!

目標:救急認定ソーシャルワーカー(認定医療ソーシャルワーカー)の資格取得

手段:ソーシャルワーク部及びnoteの記事内容を実践に落とし込む

「ソーシャルワークを実践に落とし込む」という目的をを達成するために「救急認定ソーシャルワーカー(認定医療ソーシャルワーカー)の資格取得」を目標としています。

救急認定ソーシャルワーカー(認定医療ソーシャルワーカー)は、MSWとして一定の知識・技術を担保する資格です。

「資格取得」というわかりやすい目標を達成するための手段として、私のブログ及びnoteを活用していただければ幸いです。

プロフィール・自己紹介

私は現在、社会福祉士7年目です。

医療ソーシャルワーカー(以下MSW)として、三次救急の病院で働いています。

担当している病棟は救命病棟と脳神経外科病棟です。

「ソーシャルワークを実践に落とし込む」「救急認定ソーシャルワーカー(認定医療ソーシャルワーカー)の資格取得」を当ブログのゴールとして、ブログ・X・noteなどで情報発信をしています。

プロフィール
  • 名前 – Kei
  • 年齢 – 28歳
  • 出身 – 群馬県
  • 趣味 – 音楽フェスにいくこと、愛猫を愛でること、読書、筋トレ、サウナなど
  • 仕事 – 医療ソーシャルワーカー
  • やってみたいこと – 語学留学、大学院に入る
関連URLまとめ

これまでの経歴・実績

2018年に福祉系大学を卒業し、社会福祉士を取得してMSW一筋です。

最初に入職した病院は二次救急の地域医療支援病院で、主に総合診療科と腎臓内科を担当し、MSWとしての基礎を学びました。

MSWとしての知識や技術を深めていくうちに救急医療の分野に興味を持つようになり「もっと救急医療分野のソーシャルワークを学びたい」との思いから、二次救急の病院から三次救急の病院へ転職しました。

社会福祉士取得後、最速で救急認定ソーシャルワーカーと認定医療ソーシャルワーカーの資格を取得しました。

Kei
Kei

全国2万7,495人いるMSWのうち(WAM NETより引用)認定医療ソーシャルワーカーは約1.5%、救急認定ソーシャルワーカーは約1%しかいない付加価値のある資格です。

主な実績
  • 社会福祉士現役合格
  • 社会福祉士取得後最速で救急認定ソーシャルワーカーの資格を取得
  • 社会福祉士取得後最速で認定医療ソーシャルワーカーの資格を取得
  • 実習指導者養成認定研修修了
  • 二次救急病院から三次救急病院へ転職経験あり
資格
  • 社会福祉士(国家資格)
  • 第一種衛生管理者(国家資格)
  • 救急認定ソーシャルワーカー
  • 認定医療ソーシャルワーカー
  • 両立支援コーディネーター
  • がん専門相談員

社会福祉士が活躍できる社会をつくりたい

社会福祉士は36年余りの歴史がありますが、国民に広く認知されているとは言い難い状況です。

社会福祉士がソーシャルワークを安心して実践するためには、適切な実践環境を整えていく必要があります。

「社会福祉士が認知されていない」=「国民は相談したいと思わない(相談先の選択肢にない)」この状況を打開しない限り、社会福祉士の地位や処遇は改善されません。

個人で行えることは、医療分野で活躍している社会福祉士の地位及び権威性の底上げを図ることだと考え、このブログをはじめました。

ブログやSNSを通して、少しでも社会福祉士が働きやすい環境を提供できるようにコツコツと更新して参りますので、よろしくお願いいたします。

Kei
Kei

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial
タイトルとURLをコピーしました